IMG_4565
  • メタンハイドレートはメタンガスと水が低温・高圧の状態で結合した氷状の物質
  • メタンハイドレートの商業化は困難、青山夫妻の主張の多くは嘘または印象操作
  1. メタンハイドレート概要
  2. トンデモ夫婦
  3. 新着情報

 

メタンハイドレート概要

メタンハイドレートの商業化は困難

メタンハイド―レートは低温かつ高圧の条件下でメタンガスと水が固体化したもの。太平洋側の砂層型と日本海側の表層型に分類され、資源量は多いが回収コストが高いため、在来型の資源が枯渇しエネルギー価格が高騰するまで商業化できない。その時期は早くても数十年後で輸入エネルギーの一部を賄う程度。莫大な予算で開発を続けているのは利権のため。エネルギー収支が1以下で原理的に資源にはなり得ないという説も。

メタンハイドレートとは

メタンガスと水が低温・高圧の状態で結合した氷状の物質

メタンハイドレート(英: methane hydrate)とは、低温かつ高圧の条件下でメタン分子が水分子に囲まれた、網状の結晶構造をもつ包接水和物の固体である[1]。およその比重は0.9 g/cm3であり、堆積物に固着して海底に大量に埋蔵されている[2]。メタンは、石油や石炭に比べ燃焼時の二酸化炭素排出量がおよそ半分であるため、地球温暖化対策としても有効な新エネルギー源であるとされる(天然ガスも参照。)が、メタンハイドレートについては現時点では商業化されていない。化石燃料の一種であるため、再生可能エネルギーには含まれない。メタン水和物とも。

IMG_4745
IMG_4763 
IMG_4743

日本の取り組み

2001年から1500億円以上賭けたが商業化の目処立たず

IMG_4799
IMG_4944
IMG_4765
  1. 日本の取り組み
  2.  メタンハイドレートとは
  3. 砂層型
  4. 表層型
  5. メタンプルーム
  6. 資料



トンデモ夫婦

IMG_3339

メタンハイドレートで日本は資源大国!

IMG_3502
    ■(嘘)1年で実用化、輸出も可能、実現できないのは既得権益の妨害のため

トンデモ研究

■(嘘)メタンプルームを世界で初めて発見、日本の天然ガス使用量の1年分、研究不正

トンデモ質疑

■(嘘)世界で研究、産総研の圧力、EPR100以上→予算要求 ⇒公募落選

トンデモ議員

■(嘘)懲りない青山議員、プルームの開発が始まる!

 

新着情報